働き、心地。,産業

店舗紹介

Shop Information

慈恩寺そば
「築120年の古民家で、絶品そばをいただく」

もっちりした食感にこだわったそば

築120年以上の古民家を使用した店内には、先代が集めたという骨董品がずらり。なかでも古伊万里のそば猪口のコレクションが素晴らしく、眺めているだけでも飽きません。
店名は、寒河江の古刹である「慈恩寺」に由来します。というのも、先代のお母さまの実家が慈恩寺で、先代がお店を始める際にその名を使うことを許されたのだとか。
そばへのこだわりは、そば粉7、小麦粉3の割合で、小麦粉を少し多めに使用すること。そうすることで、そばがもちもちになるのです。二八そばに比べてそば粉が少ない分、そばの実は甘皮も一緒に挽くのがポイント。そうすることで、香りを損なわずにもちっとした食感を実現させることができるのです。

天ぷら7点がつく、豪華な「板天ざる」

そんな「慈恩寺そば」の人気メニューは「板天ざる」(1350円)と「夫婦そば」(800円)。「板天ざる」には、えび2尾のほか、山菜など季節の天ぷら5~6種がつきます。「夫婦そば」は、そばとうどんを半分ずつ。うどんも、もちろんお店で打ったもので、ツルツルシコシコの食感が人気の秘訣だとか。
つゆは、荒亀のかつおぶしでだしを取り、かえしに地元のマルタ醤油を使用しています。風味豊かなおつゆでいただくそばとうどん。慈恩寺にお参りの際は、ぜひお立ち寄りを。

お問い合わせ

慈恩寺そば

住  所 寒河江市八鍬264-2
T E L 0237-87-1600
営業時間 11:00~18:00(なくなり次第終了)
定休日 木曜